車に関するあれやこれや

車に関しての情報をいろいろつづってみたいと思います。
<< ビギナーだとピンと来ないかも | main | 買取店から出されたユーズドカー審 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    マイカー審査と販売店による
    0

      「ガリパー 先日車買取査定にこられたのですが、 この会社なんなんですか? 間違っ...」 より引用

      ガリパー 先日車買取査定にこられたのですが、 この会社なんなんですか? 間違ったといい始めたのですが、 そこは私が車売却消費者相談室に電話すると 多分自分達が納得行く金額で はなかったのだと思いますが、買い取るとの事になり。 その後は、ムカついたのか、 煽り口調で少しでも私が話し方を間違うと、かなり切れられます。 正直、怖いのですが、 こちらも売ると言った手前売らないと冷やかしに思われ…(続きを読む)

      引用元:Yahoo知恵袋


      マイカー審査と販売店による下取りでは、どちらの方がより高額で買い入れてもらえるのでしょうか?モデルや製造年、カラー、ニーズなどの条件次第ではくるま審査の方が、買受額が高いケースが多いようです。
      なぜなら、販売会社がする下取りは標準鑑定価格に基づいていますし、加えて、新しい車の値引きの分も供にしたプライスが言われるシーンも多いので、値段交渉が難しくなり沿うですし、愛車の値打ちがはっきりしません。
      そんなわけですから、クルマの処分については、販売店の下取りよりもクルマ鑑定の方が合理的なチョイスだと言ってもいいと思います。
      愛車を買取専門業者のお見積もり(実際に行ってみると、見積もり通りにはいかないこともあるでしょう)に出したくなったなら、一つの専門業者だけに見積もり(実際に行ってみると、見積もり通りにはいかないこともあるでしょう)をたのまずに必ず最低4〜5箇理由上の業者を使い、洗車と車内清掃もやっておき、車検証などといった必要になる書類は抜かりなく用意しておくことです。
      さらに先々、一悶着起きたりすることがないように、修理歴や事故歴などに関しては包み隠さずに伝えておくべきだと思います。
      業者の鑑定額がとんでもなく期待外れだったなど、本気で納得いかない場合はもうそこには売らず、悔いをのこさないようにしてちょうだい。
      クルマも寿命があるとされていますし、いつかは買い換えのタイミングが訪れるものですが、今お乗りの愛車を売ろうとする時は、心情的には1円でも高めに売れれば良いのになあ、と願うものですよね。
      そのクルマが仮に、需要の高いボディカラーだったなら、鑑定の時に割と良いプライスになることが頻繁にあります。
      需要が高い色というのは、その時のトレンドもあって変わり続けますが、例としてブラック、ホワイト、または銀色など、主張しすぎないようなカラーは時代を超越してずっと評判をキープしているカラーです。
      ユーズドカー買取業者と自分との間に起きる可能性のあるとトラブルは何点か考えられますが、トラブルの中には大変たちの悪いものもあるのです。
      たとえば、鑑定金額を表示して納得して車を手放した後になって、再度チェックしたら問題が出てきたと実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。
      もっと酷いケースになると、自分の車だけ取られてお金が入ってこないケースも実際にあるのです。
      このような事案に自分が遭遇してしまったら、直ぐに最寄りの消費者生活センターなどに相談に行くのが得策です。


      | 日記 | 22:34 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 22:34 | - | - |
        コメント
        コメントする