車に関するあれやこれや

車に関しての情報をいろいろつづってみたいと思います。
<< 本日においての・・・ | main | 個人がインターネットに良く >>
おニューのクルマが欲し
0

    「車買取査定業者「ジーアフター」に4/18に愛車を売却しました、査定額が101,000円(...」 より引用

    車買取査定業者「ジーアフター」に4/18に愛車を売却しました、査定額が101,000円(リサイクル料、4月分自動車税含む)でした。しかし今日になり検査機関で鑑定した結果、ボディー底面に突き上げの修復歴が有る、との 事で70,000円ダウンするけどどうしますか?担当営業は会社に5万にならないかと交渉している所です、一任してくれますか?と返答を迫るので考えさせて欲しいと一旦電話を切りました。私自身、愛…(続きを読む)

    引用元:Yahoo知恵袋


    おニューのクルマが欲しいなといった感情がよぎったのですが、サクッとクルマ鑑定してくれるところってないですか。
    こちらのプライベート情報が伝わってしまえば、頼んでもないのに、セールスの連絡が入ってきそうで避けて通りたいです。
    他にする事もあって時間がないので、ウェブでプライバシー関連の書き込み不要で鑑定サービスを行っているサイトを選びたいです。
    マイカーを値踏みして貰う際は、冬タイヤを装着した状態ではなく、要するに標準のものにに換えておく必要があります。
    審査を行う際、スタッドレスタイヤは低評価になる原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)です。
    もし、状態が良好な場合は冬タイヤも車と一緒に買いうけてもらえるケースもあるかも知れませんが、溝が走り過ぎて消えてしまっている状態だと、逆に処分費用が掛かってくるかも知れません。
    過失ゼロの状態で追突事故に遭い、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車として扱われ、値段がつかないこともあります。
    原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)となった事故の相手にこの損失について補償をもとめるとなると、ケースバイケースとしか言いようがありません。
    保険だけで解決しようとする場合、当事者間で話し合っても当の保険会社としてはそこまで支払い対象にすることはまずありません。
    どうして持というのであれば、裁判も辞さない覚悟で弁護士などと話し合ったほうがいいかも知れません。
    評定結果に納得し、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、必要に応じていくつかの書類を整えることになります。
    また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、注意しなければいけません。
    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、アトは車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、最新の納税証明書の原本が必要です。
    契約書に押す印鑑は、普通乗用車であれば実印ですから印鑑登録証明書も必須ですが、軽自動車はスタンプ印以外であれば認印で構いません。
    よって印鑑証明書も不要です。


    | 日記 | 01:58 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 01:58 | - | - |
      コメント
      コメントする