車に関するあれやこれや

車に関しての情報をいろいろつづってみたいと思います。
<< くるまを購入する仲間たちに | main | 何ヶ月くらい残っているかに >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    買取はかさまの温
    0

      「お礼500枚します セレナ平成13年のgf-pc24に乗ってます。 走行65000キロくらいで次...」 より引用

      お礼500枚します セレナ平成13年のgf-pc24に乗ってます。 走行65000キロくらいで次の車検まで1年半残ってます。 今年の9月車検の親の車を譲って貰えることになったのでセレナの処分を考え ています。 色々調べたのですが、恐らく中古買い取りは無理そうかな?と感じたのと、廃車にするとしても、業者によっては還付金を取られてしまうとか色々書いてあって、どうしたらいいかわからずここで相談しました…(続きを読む)

      引用元:Yahoo知恵袋


      買取は生かさまの温床という側面もあるので注意してちょーだい。
      はじめは高めの評価額を示して買取契約を結ばせ、何かと理由をアピールしはじめよりも極端に低い額の買受を強要してきます。
      そんな値段では合点が行かないと断ろうとすると、くるまはとっくに手もとにないと言って、運搬や保管にお金が掛かったからなどとクルマの返還と引き換えに現金を請求する手口も存在します。
      また、くるまの譲渡を完了したにも関わらずそれに対する清算がなかっ立という実態も相当あります。
      2005年1月よりクルマの再資源化についての問題解決の為に、自動車リサイクル法が施行されました。
      そのため、いま街中を走っているクルマの大部分が、自動車リサイクル法に則り、リサイクル料金を支払っているはずです。
      既にリサイクル料金を納付済みの車両を買い取ってもらう時に、ユースドカー買取ショップの方から納付したリサイクル料金相当分の金額が戻ってきます。
      戻された金額が、見積金額とは別に処理されるのか、鑑定料の中に一括りにされているのかを、取り引き前に、抜かりなく確認するようにすべきです。
      所有車の買取をユースドカー専門業者に依頼する場合は、税金についても留意しなくてはなりません。
      車税のうち、支払済みのものは月々返却されてくる筈ですが、買取価格にともになったのかもしれません。
      2ケ理由上の買取業者間で対比してみた時に見積りが高額だと思ってたのに、実際のところ安価だっ立という事態に陥るかもしれませんので車税に関する対処の方法は重要視していきましょう。
      買取で低く評価を受けてしまうクルマといえば、改造車です。
      大規模な買取業者のケースだと、ディーラーやメーカーの正しい付属物なら高い評価となります。
      マルチの純正ナビ、サンルーフ、革シートなんかはすさまじく評価額もアップしますが、片や、車高調整してたり、エアロやアルミを非純正に替えていると審査でプラスにはなりません。
      見積りの対象がスポーツカーという場合では、専門ショップに持ち込むのが一番よいでしょう。


      | 日記 | 12:57 | comments(0) | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 12:57 | - | - |
        コメント
        コメントする