車に関するあれやこれや

車に関しての情報をいろいろつづってみたいと思います。
<< ほんの少しでも安く買取をしてほんの少し | main | 愛車を手放そうとして買取に出すと >>
自動車のオーナーにかかる「自動車税」
0

    「贈与税について。 車の名義変更で贈与税が発生するとは本当ですか? 息子名義の車...」 より引用

    贈与税について。 車の名義変更で贈与税が発生するとは本当ですか? 息子名義の車を父名義に変えたいのですが、息子が知り合いの車屋から相場より安く購入し、リース契約している車を父が 買い取るという感じです。 車は2016年式、新車本体980万円ほどリース終了後の買取額700万円ほど。 息子がこのままリース会社から買い取れば問題ないですが名義が異なる父が買い取る場合は贈与税がかかるのでしょうか?…(続きを読む)

    引用元:Yahoo知恵袋


    自動車のオーナーにかかる「自動車税」というものは、所有車に1年分の請求が来て、その認定日は毎年4月1日と定められています。
    しかし、車売却の時には、税金の残っている月数分に相当する金額が見積もりに上乗せされるようになっているので、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。
    自動車税は戻って来ますが、自動車重量税は廃車にする場合を除いて返却される制度はないのです。
    還付制度はないとは言え、支払った税金の期間が残っている場合には上乗せして見積もってくれる場合もなきにしもあらずです。
    自動車重量税に関しては買取専業店と直接交渉してみると良いですね。
    買い替えや処分などで車を手放す際に考えられる選択肢は、カーディーラーに下取りに出す方法と、おクルマ屋への売却でしょう。
    売却の方を選ぶのであれば複数店舗に見積りを出させて契約をめぐって競争せざるを得ない状況を創り、下取りにくらべ利益を得やすいというメリットがあります。
    ディーラーの下取りサービスを使用する場合は、競合する相手がいませんから高額な金額はつきにくいです。
    ただ、同じ店舗で売却も購入も済んでしまうというのは魅力的です。
    状況に応じて選ぶと良いでしょう。
    近頃販売されている車ははじめからカーナビシステムがついているのが多くなりました。
    こういうりゆうで、単にカーナビが搭載されていてもあまり査定額が高くなることはなくなりました。
    例外として、後から高額なカーナビシステムを装備した場合に限っては査定額アップが期待できる可能性が高くなるでしょう。
    簡単に取り外しが可能なカーナビゲーションシステムであったならば、事前に外してしまってオークションなどで個人で売ってもいいかもしれませんね。
    おクルマ買取業者に査定をおねがいするときに必要になってくる書類には、車検証、及び自賠責保険証明書の2通のみなので、特別に前もって準備することはないでしょう。
    しかし、車の売却をするときには車の名義変更をしなくてはいけないので、印鑑証明、および自動車税納税証明など専門的な何種類かの書類が入り用になってきます。
    引越や結婚などで姓や住所が違って、車検証や印鑑証明の掲さい内容と違ってしまっている場合には住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、身辺の移動があったときには売却に関しての必要書類を早めに確認しておくと良いでしょう。


    | 日記 | 16:36 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 16:36 | - | - |
      コメント
      コメントする