車に関するあれやこれや

車に関しての情報をいろいろつづってみたいと思います。
日頃乗っていた愛車を
0

    「ブックオフの買い取り基準が解らん。 ブックオフの買い取り基準って5段階くらいあ...」 より引用

    ブックオフの買い取り基準が解らん。 ブックオフの買い取り基準って5段階くらいあるよね。高価買取以外の本(コミック・小説・絵本)は10円固定なんだが・・・買取りは5段階あるある詐欺ですか?…(続きを読む)

    引用元:Yahoo知恵袋


    日頃乗っていた愛車をショップに売り渡した後、新しくクルマを購入するまでに日にちが生じてしまうこともあるでしょう。
    買い取りショップのうち、代車利用が可能なところも増加しています。
    早いうちに伝えておくと愛車を引き渡した後もすぐに利用できるでしょう。
    他には、次のマイカー購入時に代車が使える販売会社もありますから、そちらにも話してみましょう。
    おみせに愛車を買い入れて欲しいものの、時間がなくておみせに足を運ぶ余裕がないという方は、こちらから足を運ばなくてもいい出張買取がいち押しです。
    出張鑑定には手間賃やコストがどれ位かかるか心配という声もよく耳にするのですが、タダで来てくれるというショップが多いようです。
    もし、出張審査を頼みたいなら、インターネットを駆使すれば受付は24時間可能ですし、大きい買取業者なら原則申し込み専用の無料ダイヤルがあります。
    クルマを売却した時、入金まで大体どれ位要するか、教えてほしいという人は相当いるでしょう。
    例えば、残債があれば手つづきを行ったり、車両点検をもう一回行って、隅々まで確認できているかの調べなければいけないので、概して、契約書に署名をした次の日からおおかた1週間くらいで振り込まれることが多いようです。
    クルマを売り渡す時、ぜひとも良いお値段で買い取りして欲しいと考えるのは当然のことでしょう。
    であるなら時間を費やしてでも、一社ではなく2つ以上の業者さんに評価額を出してもらうべきでしょう。
    私はさんざん見積時に粘られて(相手が粘った)、「今日ハッキリ指せてくれるならこの金額で」と迫られましたが、言うまでもなく信じ切ってはいけません。
    あと、「どこ行っても一緒ですよ」の畳み掛けもあります。
    どこも一緒なら他社で値踏みされても別に問題ないと考えるのが賢明ではないでしょうか。
    幾つかの業者より見積額を取っていることを営業マンには伝えて努力してもらい、合意できるプライスを出してきた業者をセレクトしたら間違いないでしょう。


    | 日記 | 13:22 | comments(0) | - |
    何ヶ月くらい残っているかに
    0

      「3月に車買取センターに愛車を売却したのに未だに自動車税の請求が来ます。私は借...」 より引用

      3月に車買取センターに愛車を売却したのに未だに自動車税の請求が来ます。私は借金などした事がないのに.... 車屋に連絡したらなんと税金未納との事、この場合はなんらかの罰を車屋に与える事できるのでしょうか?…(続きを読む)

      引用元:Yahoo知恵袋


      何ヶ月くらい残っているかによっても事情は異なるでしょうが、車検は自動車評定の金額に影響を与えます。
      当たり前かもしれませんが、車検が切れてしまっている自動車よりも残りがある方が高く評価して貰えます。
      かといって、車検が一年も残っていない状態ではほぼ鑑定額に影響を与えません。
      車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、売却前に車検をとおすことは無意味であると言って良いでしょう。
      通常、車検をとおすためのお金と評定時に上乗せされるお金とでは、車検をとおすために必要な金額の方が断然高くなる事が多いのがそのワケです。
      実際に車を見て評定して貰う際に、わざわざ車で買取り店舗まで行く方法以外に、家などに出張して鑑定して貰うこともできるでしょう。
      買取を行っている店舗の多くは無料の訪問鑑定サービスを提供しています。
      この時に幾つかの業者に一度に来てもらって同時あるいは同日評定で見積りを出して貰うこともできるでしょう。
      複数の会社でたった一件の契約を取り合うため、高値で売却できるメリットがあります。
      できるだけ高くユーズドカーを売却するには、たった一軒だけの鑑定で終わらせないで見積もりを多数の店舗で行って貰うのが最も良い方法でしょう。
      その店以外の店舗が見積もった金額を見せることで査定額が変わることも往々にしてあるのです。
      複数の会社に一度に鑑定をお願いするためには無料で車の一括査定を行なえるホームページを使うと良いのですが、このときに妙に高く見積もってくるところはもしかすると詐欺に遭う可能性もありますから気をつけましょう。
      中古車を評定して貰うときに、ちょっとでも高値で鑑定して貰いたい場合、即決で売却しても良いんだという意志を強くアピールすることです。
      取り敢えずの評定なんだけどというきっと売却は後回しになり沿うな人よりも、提示した金額に納得すれば本日直ぐにでも車を手放してくれる売り手の方が業者にとって有益なのはミスないでしょう。
      即決する可能性があるとわかると、他店に行かれないようにきっと見積金額を高くしてくれるでしょう。


      | 日記 | 02:10 | comments(0) | - |
      買取はかさまの温
      0

        「お礼500枚します セレナ平成13年のgf-pc24に乗ってます。 走行65000キロくらいで次...」 より引用

        お礼500枚します セレナ平成13年のgf-pc24に乗ってます。 走行65000キロくらいで次の車検まで1年半残ってます。 今年の9月車検の親の車を譲って貰えることになったのでセレナの処分を考え ています。 色々調べたのですが、恐らく中古買い取りは無理そうかな?と感じたのと、廃車にするとしても、業者によっては還付金を取られてしまうとか色々書いてあって、どうしたらいいかわからずここで相談しました…(続きを読む)

        引用元:Yahoo知恵袋


        買取は生かさまの温床という側面もあるので注意してちょーだい。
        はじめは高めの評価額を示して買取契約を結ばせ、何かと理由をアピールしはじめよりも極端に低い額の買受を強要してきます。
        そんな値段では合点が行かないと断ろうとすると、くるまはとっくに手もとにないと言って、運搬や保管にお金が掛かったからなどとクルマの返還と引き換えに現金を請求する手口も存在します。
        また、くるまの譲渡を完了したにも関わらずそれに対する清算がなかっ立という実態も相当あります。
        2005年1月よりクルマの再資源化についての問題解決の為に、自動車リサイクル法が施行されました。
        そのため、いま街中を走っているクルマの大部分が、自動車リサイクル法に則り、リサイクル料金を支払っているはずです。
        既にリサイクル料金を納付済みの車両を買い取ってもらう時に、ユースドカー買取ショップの方から納付したリサイクル料金相当分の金額が戻ってきます。
        戻された金額が、見積金額とは別に処理されるのか、鑑定料の中に一括りにされているのかを、取り引き前に、抜かりなく確認するようにすべきです。
        所有車の買取をユースドカー専門業者に依頼する場合は、税金についても留意しなくてはなりません。
        車税のうち、支払済みのものは月々返却されてくる筈ですが、買取価格にともになったのかもしれません。
        2ケ理由上の買取業者間で対比してみた時に見積りが高額だと思ってたのに、実際のところ安価だっ立という事態に陥るかもしれませんので車税に関する対処の方法は重要視していきましょう。
        買取で低く評価を受けてしまうクルマといえば、改造車です。
        大規模な買取業者のケースだと、ディーラーやメーカーの正しい付属物なら高い評価となります。
        マルチの純正ナビ、サンルーフ、革シートなんかはすさまじく評価額もアップしますが、片や、車高調整してたり、エアロやアルミを非純正に替えていると審査でプラスにはなりません。
        見積りの対象がスポーツカーという場合では、専門ショップに持ち込むのが一番よいでしょう。


        | 日記 | 12:57 | comments(0) | - |
        くるまを購入する仲間たちに
        0

          「母親病気で入院しているため 乗っていた車 が 借りてる駐車場に 投げてあります。...」 より引用

          母親病気で入院しているため 乗っていた車 が 借りてる駐車場に 投げてあります。車検が切れ 税金も二年払っていません。廃車に 出来るのでしょうか? スクラップで 少しでも、1万ぐらいでも 買い取ってくれるでしょうか?よろしくお願いします。…(続きを読む)

          引用元:Yahoo知恵袋


          くるまを購入する仲間たちに聞くと、前のモデルはほぼ100%下取りに出しているそうです。
          最近はネット経由であちこちの買取店に鑑定を頼めるので、1社においての下取りじゃなく競合査定にすれば、高い金額も見込めるだろうと考えます。
          売却する側の気分の問題もありますが、クルマの外観や製造年度によっては下取りと買取の額面には大きなちがいが出てくるはずです。
          以前僕は下取りに安く出してしまい酷い目に遭ったので、今回は買取と競い合わせてみました。
          すると買い取りショップの方が高かった訳です。
          下取り価格を提示したあの販売店は、ある意味ツワモノだと感じました。
          買い取り専門店は現金で即日払いにしてくれたので、下取りなしでクルマをGET。
          月々のローンを抑えることができました。
          下取りを割り引きだと思っていると損しますよね。
          クルマが鑑定で値がつかなかった際にも譲渡の際、廃車にするということも出来ます。
          そんな時、その通り、買い取りショップが引き取りに応じる時と、廃車買取専門店を紹介され、そこに引き揚げて貰う形もあります。
          面倒なナンバー返上を引き受けてくれる場合もあり、廃車と関連する数々の手数料のサービスをしてくれるお店もある程度あります。
          その上、自動車税や自賠責保険の返納もありますから、よく調べて必要経費や書類を頭に置いておくようにしましょう。
          これまで使用していたクルマを買取にクルマを提出後、次のマイカーが届くまでにクルマがない時間が長期間になることも予測されます。
          買い取り店の中でも、代車を貸し出すお店が増加しているようです。
          早いうちに伝えておくと早めに準備してくれるかも知れません。
          これ以外に、新車の契約先の販売会社が代車貸し出しすることも多いので、予め聞いておきたいです。
          ユースドカー買取専業店に頼むときは、走った距離によっても審査にすごくちがいがでる事実を見逃してはならないでしょう。
          年間で1万kmというのがざっくりした目安で、5年前のクルマの場合は5万kmを基本に算出し、走った距離が少ない時は一般的な評価額よりUPします。
          ですがこれが10万km近く運転しているクルマはよっぽど貴重な車種でない限りは、買値がつきづらいと考えてエラーないでしょう。
          持ちろん車種やコンディション、使用の仕方によっても幅があり、それに関しては専門家に任せる以外ないでしょう。


          | 日記 | 07:10 | comments(0) | - |
          新しくする前のくるまは製造
          0

            「福島県相馬市出身ですが、今は東京在住です。相馬市磯部周辺で海水浴出来るところ...」 より引用

            福島県相馬市出身ですが、今は東京在住です。相馬市磯部周辺で海水浴出来るところなどありますでしょうか?前はバンガローなどあったのですが今はありません。キャンプ場などでもかまいませんので情報いただけたらと 思います。数年前に訪れましたがあたり一面平野でした。…(続きを読む)

            引用元:Yahoo知恵袋


            新しくする前のくるまは製造年度も古く、車検もそれほど残ってなかったので、まさか売却できるとは予想していませんでした。
            なので、新しいくるまを買った販売店にタダで譲渡することになってしまったのですが、しばらく経過した後、その引上げて頂いた愛車がすさまじくなプライスを付けられて店先で市販されているのを見ました。
            であるなら、私も買取専業店に見積もりを依頼して買取プライスをしっかりと調べておくべきであったと歯がゆい思いで一杯です。
            事故車などのような通称「訳有り」のくるまを買取に提出していいものかどうかためらうこともあるのでは無いでしょうか。
            次に購入するのが新型車だと分かっているとしたら次のクルマの購入時に販売店に下取りの交渉をするのが、エラーなく確実でしょう。
            もち込み先が買取店であった状況なら通常売却する時のように額面に差が出てくるのは、走行距離、年式、部品の状態によるものがメインです。
            現在も使用されている型で、パーツも全て純正品だとすればほぼほぼ高く取引出来るでしょう。
            以前私は、当時愛車であったスバルのフォレスターを鑑定していただいたことがあります。
            オンラインの一括鑑定サイトを利用しました。
            鑑定の時、特に高い評価額を出してくれたおみせの方の説明ですと、買取に出すシーズンも、大事な判断ポイントだということでした。
            フォレスターのケースでは、アウトドア用のクルマなので、やはり暑くなると需要が多くなるそうなんです。
            なので、4〜5月から梅雨時期が最も高く買い上げてくれるらしく、再びクルマを売る際はシーズンを意識しようと考えています。
            クルマ買い取り店の困ったことは、営業がとにかくしつこいことです。
            ネットで調べれば、おみせの実名を出して書かれた文句もあり、かなり切実な問題があるのだと思われます。
            名前の出てくるショップ(店舗、お店のことですね)に若干偏りがあるのはビミョーに気になってしまうのですが、有名になるほど利用者数も多いので、騒動の件数も増えるということでしょうか。
            また、スタッフ個人の性格による部分もあるので、最終的には運の世界だと言えそうです。


            | 日記 | 12:15 | comments(0) | - |